多汗症とワキガの違い

多汗症とワキガ症状は同じような感じだけど・・・何が違うの? - ダイエット臭はワキガと勘違いされやすい

ダイエット臭はワキガと勘違いされやすい

女性の中にはダイエットに励んでいる人もいるかもしれませんが、突然自分のワキの臭いが気になったことがありませんか。誰かにワキの臭いについて指摘されると自分がワキガなのではないかと勘違いするのも十分にわかります。しかし、ダイエットが原因となって臭いを感じるものはダイエット臭と呼ばれるもので、ワキガや多汗症が原因ではないです。

ダイエット臭はダイエットが原因で発生する

ダイエット臭というのはワキガとは全然関係ないものです。食事制限をすることで発生する甘酸っぱい臭いで、ダイエットを始めてから生じるわけでは無く、ダイエットし続けるにつれて臭いがきつくなってきます。ダイエット臭がしていることはなかなか自分では気づかないものです。
基礎代謝が低いまま食事制限をしたら、食事からエネルギーが得られなくなりますので、体内に蓄積している中性脂肪を燃焼させることでエネルギーを得ようとするわけです。中性脂肪が燃焼すると脂肪酸が作られて血中に増加すると、ケトン体ができます。ケトン体というのがダイエット臭を発するのです。つまり、ダイエット臭とワキガは発生のメカニズムが全然違うわけです。

ダイエット臭が消すためには運動が不可欠

ダイエット臭の原因となるケトン体を生み出さないためにも、しっかりと運動を伴ったダイエットをするようにしましょう。運動をすると基礎代謝が高くなり、ダイエットにも効果的ですし、適切に汗を出すことでにおいを消すことにもつながります。

ダイエット臭とワキガは全然メカニズムが違う

ダイエット臭はケトン体によって甘酸っぱい臭いを生じるもので、これはワキガとは全然異なるものです。ダイエット臭を消すためにはしっかりと運動を行うことは必要不可欠です。

関連する記事

次の記事: を読む »
Copyright(C)2017 多汗症とワキガの違い All Rights Reserved.