多汗症とワキガの違い

多汗症とワキガ症状は同じような感じだけど・・・何が違うの? - 自臭症にならないように注意したい

自臭症にならないように注意したい

最近自分を避けているのではないかとか、街を歩いている時に鼻をすする音が聞こえるなどで、自分はワキガではないかという風に思っている人もいるのではないでしょうか。実際にワキのにおいを嗅いでみてなんともないにもかかわらず自分がワキガではないかと思うのであれば、それは自臭症と呼ばれる症状に当たります。自臭症とは実際は臭くないのに自分が臭いと思い込んでしまっている症状です。

自臭症とはどういう症状か?

自臭症とは自分が臭いを発しているのではないかと勘違いしていることから始まります。特に周囲の人から自分の臭いについて指摘されることによって、臭いについて敏感になってきます。窓を開けるとか席を立つなどと言った何気ない行動が自分の体臭からではないかという風に勝手に思い込んでしまいます。
自臭症の症状が強く出てしまうと自分が発する臭いについて完全に許さなくなってしまい、ついに完全無臭になろうとするのです。自分の体臭についてストレスを感じてしまうために、消臭剤や性感剤を過剰に使うようになってしまいます。最終的にはうつ病や引きこもりになるというケースもあります。

自臭症のチェックは病院に行って行う

自分がワキガか自臭症かどうかは自分で判断をすることは難しいので、病院に行って判断してもらうことになります。ワキガだと言われたらその治療を行えばいいですし、自臭症だと言われたら心の病気になりますので、心療内科や精神科を受診してみてください。

自臭症に十分に気を付ける

自臭症とは自分がにおいを発しているのではないかと勘違いをしている心の病気です。自臭症がひどくなると日常生活が送れなくなる可能性がありますので、ワキガか自臭症か迷っているのであれば病院に行って検査をしてもらったほうが納得することでしょう。

関連する記事

Copyright(C)2017 多汗症とワキガの違い All Rights Reserved.