多汗症とワキガの違い

多汗症とワキガ症状は同じような感じだけど・・・何が違うの? - ワキガ対策をするためには

ワキガ対策をするためには

ワキガが気になる人に取っては何らかの対策を取りたいところです。何らかの対策をしないと周りに不快なにおいを与えていることになってしまいます。実際にどういう対策をすればいいのかわからない人もいるでしょうから、今回はその対策について紹介していきます。

制汗剤を使用する

ワキガ対策で一般的なのが制汗剤を使用することではないでしょうか。ドラッグストアなどに行くとスティックタイプやスプレータイプ、クリームなどさまざまなタイプがありますので、自分の好みに合ったものを選ぶといいでしょう。程度が軽いワキガ臭であれば、安い制汗剤であってもにおいをほぼ消すことができたりします。

ワキをある程度清潔にする

ワキガが発生する元となるアポクリン腺を清潔にすることができれば、ワキガを抑制することにつながります。ワキガや体臭用石けんを使うのもいいでしょうし、殺菌作用のある石けんであってもいいでしょう。わき毛があると細菌が繁殖しやすくもなりますので、こまめにわき毛を処理することもお勧めします。

肉食中心の食生活を抑える

欧米人の体臭がきつい原因となっているのが肉食中心の食生活だからです。肉食中心の生活をしているとアポクリン腺の分泌が活発になり、それによってワキガ臭を発することになります。普段から肉食中心の人は糖類や野菜などバランスのいい食事にすることが大切です。それによってストレスを抱えるのも逆効果になるので、ほどほどの対策にとどめた方がいいでしょう。

ワキガ対策は身近でできる事ばかり

ワキガ対策として以上の3つを挙げましたが、どの対策にしても自分たちで身近にやれることばかりです。これらで完全にワキガ対策ができるというわけではないですが、少しでもにおいを抑えることにはつながります。

関連する記事

Copyright(C)2017 多汗症とワキガの違い All Rights Reserved.